Column

【国内には自己免疫疾患患者さんはどのくらいいるの?】自己免疫疾患の患者数について 〜No.30〜

今回は、自己免疫疾患の患者さんの数をご紹介していきたいと思います。
自己免疫疾患患者さんは沢山いらっしゃいますが、それぞれどれくらいの患者さんがいるのでしょうか。

私の病気もどれくらいの患者さんがいて、他の自己免疫疾患の方もどれくらいいるのか気になります。
よろしくお願いします!

「全身性自己免疫疾患」と「臓器特異性自己免疫疾患」について

自己免疫疾患は、全身に影響のでる『全身性自己免疫疾患』とある臓器特異的に症状がでる『臓器特異的自己免疫疾患』に分けられます。

一般的に、全身性自己免疫疾患は膠原病と呼ばれるものが多く、膠原病科やリウマチ科が担当することが多いです。

一方で、臓器特異性自己免疫疾患は、消化管疾患である潰瘍性大腸炎や甲状腺疾患であるバセドウ病のように、その臓器に対して特異的な自己抗体や自己免疫機序が働くことによる疾患です。

そのため、通常は消化器内科や内分泌内科、腎臓内科などそれぞれの臓器の専門科で診てもらうことが多いです。

全身性自己免疫疾患の例
  • 全身性エリテマトーデス
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎
  • 全身性強皮症
  • 成人Still病
  • 顕微鏡的多発血管炎など
臓器特異性自己免疫疾患の例
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • バセドウ病
  • 橋本病
  • 重症筋無力症
  • 自己免疫性肝炎など

今回は、主に令和元年度末現在の特定医療費(指定難病)受給者証所持者数を参考に作成しています。(参考元:https://www.nanbyou.or.jp/entry/5354

それでは、さっそくみていきましょう。

No. 30 〜 21

30. 巨細胞性動脈炎

1270人※1

女性患者の数は男性患者の約2~3倍です。

好発年齢は、60〜70歳に好発します。

巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)ってどんな病気?【GCA】 〜 The Point 〜 巨細胞性動脈炎は大型血管炎の一つであり、50歳以上で発症する。典型的には、頭痛や側頭動脈の圧...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

29. 結節性多発動脈炎

『2280人※1

男女比 3:1でやや男性に多い傾向があります。

発症する年齢は40~60歳に多く、平均年齢は55歳です。

結節性多発動脈炎ってどんな病気?【PN】 こんにちは、今回は「結節性多発動脈炎」について取り上げていきたいと思います。結節性多発動脈炎は、「PN」と省略して言われることもありま...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

28. 多発血管炎性肉芽腫症

『2880人※1

男女比はほぼ1:1と言われています。

好発症年齢は主に30-60歳代です。

多発血管炎性肉芽腫症について 【GPA】 〜 The Point 〜 GPAは小型血管炎に分類され、さらにANCA関連血管炎の一つである。症状はELKという E:...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

27. 類天疱瘡

『2920人※1

男女比は1:2とやや女性に多い傾向があります。

発症年齢は60歳以上に多く、特に70~90歳代の高齢者に多くみられます。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

26. 天疱瘡

『3100人※1

男女比はおよそ1:1.5とやや女性に多い傾向があります。

好発年齢は、40~60歳代です。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

25. 成人Still病

『3450人※1

男女比はおよそ1:1.3とやや女性に多い傾向にあります。

平均発症年齢は46.5歳といわれています。若い人が多いですが、70歳以上の高齢の方にも発症することがあります。

成人Still病について【AOSD】 こんにちは。今回は自己炎症性疾患の一つである成人Still病について取り上げていきたいと思います!成人Still病は、簡略的にAOSD...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

24. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

『4200人※1

男女比はおよそ1:1.7とやや女性に多い傾向にあります。

好発年齢は40~70歳に多く発症します。

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症ってどんな病気?【EGPA】 〜 The Point 〜 EGPAは、小型血管炎に分類され、さらにANCA関連血管炎の一つである。EGPAを発症する人...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

23. 高安動脈炎

『4500人※1

男女比はおよそ1:8と女性にとても多い疾患です。

好発年齢は、20歳前後と言われています。

高安動脈炎(大動脈炎症候群)について【TA】 〜 The Point 〜 高安動脈炎は、大型血管炎の一つ。症状は、全身症状の他に、狭窄や閉塞による脳・上肢・下肢の虚血...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

22. 自己免疫性肝炎

『5900人※1

男女比はおよそ1:6と女性に多い疾患です。

好発年齢は、50歳から60歳代が発症の中心ですが、若い女性や小児での発症も珍しくはありません。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

21. 特発性再生不良性貧血

『8000人※1

男女比は、大きな性差はありません。

好発年齢は、男女とも10~20歳代と70~80歳代にピークがあります。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)




No. 20 〜 11

20. 顕微鏡的多発血管炎

『9500人※1

男女比は、1:1で大きな性差はありません。

好発年齢は55~75歳と高齢者に多いのが特徴です。

顕微鏡的多発血管炎ってどんな病気?【MPA】 〜 The Point 〜 MPAは小型血管炎に該当し、ANCA関連血管炎の一つで、その中でも最も頻度の高い血管炎である...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

19. 混合性結合織病

『9800人※1

男女比はおよそ1:13と女性にとても多い疾患です。

好発年齢は、30〜40歳代の発症が多いです。

混合性結合組織病ってどんな病気?【MCTD】 〜 The Point 〜 MCTDは、膠原病の一つであり、3つの膠原病の症状を併せもつ。(SLE、強皮症、筋炎) ...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

18. IgA腎症

『10070人※1

男女比は、1.2:1とやや男性に多い傾向があります。

好発年齢は20-30歳代ですが、その他の年齢でも発症します。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

17. 一次性ネフローゼ症候群

『10100人※1

一次性ネフローゼ症候群は小児に多くみられ、男児女児比は2:1と男児に多い傾向にあります。

好発年齢は、2〜5歳頃で約半分が5歳未満で発症すると言われています。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

16. ベーチェット病

『14700人

男女比は、1:1で大きな性差はありません。

好発年齢は、男女とも20~40歳に多いです。

ベーチェット病ってどんな病気?【Behcet's disease】 こんにちは、今回は「ベーチェット病」について取り上げていきたいと思います。 それではさっそくやっていきましょう! ベーチェ...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

15. シェーグレン症候群

『16000人※1

男女比はおよそ1:13と女性でとても多い疾患です。

好発年齢は、50歳代にピークがあります。

シェーグレン症候群ってどんな病気?【SjS/SS】 こんにちは、今回はシェーグレン症候群について取り上げていきたいと思います! では早速やっていきましょう! シェーグレン症候...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

14. 特発性血小板減少性紫斑病

『16500人※1

男女比はおよそ1:4と女性に多い疾患です。

好発年齢は、20〜40歳、60〜80歳に好発します。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

13. 原発性胆汁性胆管炎

『17400人※1

男女比はおよそ1:4と女性に多い疾患です。

好発年齢は、50~60歳に最も多くみられます。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

12. 多発性硬化症 / 視神経脊髄炎

『23000人※1

多発性硬化症の男女比はおよそ1:2〜3とやや女性に多い疾患です。

一方視神経脊髄炎の男女比は、女性の割合が非常に高いのが特徴です。

好発年齢は、若年成人に発病することが最も多いです。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

11. 多発性筋炎・皮膚筋炎

『23200人※1

男女比は 1 : 3 で女性に多いです。

好発年齢は、50歳台に大きなピーク、5~9歳に小さなピークがあります。

【多発性筋炎・皮膚筋炎について】 〜 The Point 〜 皮膚症状を認めるものは皮膚筋炎で、認めないものが多発性筋炎である。皮膚症状は、「ヘリオトロー...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

No. 10 〜 1

10. 重症筋無力症

『24000人※1

男女比はおよそ1:1.7とやや女性に多い疾患です。

好発年齢は小児、20~30歳、50~60歳です。

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

9. 強皮症

『26700 人※1

男女比は、9割以上が女性です。

30~50歳代の女性に多く見られます。 

強皮症ってどんな病気?【SSc】 〜 The Point 〜 強皮症は、膠原病の一つで、全身に繊維化を起こす病気である。 強皮症の特徴的な...

参考)※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

8. クローン病

『44200人※1

男女比は、約2:1とやや男性に多い疾患です。

好発年齢は、10歳代~20歳代の若年者に好発します。

参考) ※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

7. 全身性エリテマトーデス

『61800人※1

軽症の方を合わせると、7万 〜10万人はいるとも言われています。

男女比は、1 : 9と女性にとても多い疾患です。

好発年齢は20~40歳台の女性に多く発症します。

なぜSLEはこんなにも多くの症状が起きるの? なぜSLEはこんなにも多くの症状が起きるの? SLEの症状 SLEがこんなにも症状が起きる理由は、膠原病で...

参考) ※1 難病情報センター 特定医療費(指定難病)受給者証所持者数(令和元年度末現在)

6. 潰瘍性大腸炎

『22 万人1)

男女比には性差はありません。

発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳にみられますが、若年者から高齢者まで発症します。

参考)

1) 『潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識』難治性炎症性腸管障害に関する調査研究(鈴木班)

5. IgA血管炎

『およそ 数十万人』

年間10万人あたり約20人発症することが報告されています。

男女比は、1.5-2.0:1と男性に多い傾向があるといわれています。

好発年齢は成人よりも小児で発症することが多く、成人でも発症する場合があります。

IgA血管炎ってどんな病気? 【Henoch-Schonlein紫斑病】 〜 The Point 〜 IgA血管炎は小型血管炎の一つです。症状は触知できる紫斑(palpable purpura)...

参考) https://www.nanbyou.or.jp/entry/4657

4. バセドウ病

『およそ 50 万人』

1000人中2~6人いると言われており、女性患者が男性患者より5倍と多いのも特徴としてあげられます。

好発年齢は20〜30代の女性に多い疾患です。

参考) https://www.kanaji.jp/basedoubyou/

3. 乾癬

『50〜60 万人』

男女比は2:1と男性に多い傾向があります。

発症年齢の平均は38.5歳ですが、10代~70代まで年齢に関係なくどの年代でも発症するのが大きな特徴です。1)

【解説】乾癬の特徴について こんにちは。今回は、乾癬の特徴について取り上げていきたいと思います。 よろしくお願いしますっ! 乾癬について ...

参考)

1) Takahashi H, et al.:J Dermatol. 2011;38(12):1125-1129.

2) https://www.kansennet.jp/about_disease/jinjyousei/

2. 関節リウマチ

『 70〜80 万人』

ようやく、リウマチがきましたね。リウマチは、自己免疫疾患の中でもトップレベルに罹患人数の多い疾患なのです。

男女比は1:4と女性に多い疾患です。

好発年齢は、30〜50歳に多いです。

リウマチってどんな病気? 2021/3/23(更新日: 2021/4/3) (adsbygoogle = window.adsbygoo...

1. 橋本病

『推定 100 ~ 120 万人』

成人女性の10人に1人、成人男性の40人に1人にみられます。ただし、橋本病だからといって、全員の甲状腺ホルモンが少なくなるわけではなく、橋本病のうち甲状腺機能低下症になるのは4~5人に1人未満です。

男女比は1:10〜20と女性にとても多い疾患です。

好発年齢は、30〜40歳代に多いです。

参考) http://www.j-endo.jp/modules/patient/index.php?content_id=41

beverage break breakfast brown

今回はここまでです。最後までお読み頂きありがとうございました。ご参考になりましたら幸いです🥝 Twitterでのいいねやフォローをして頂けますと励みになりますので、ぜひよろしくお願いします🕊

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村

※個人個人で症状の違いがあるため、詳細な治療などにつきましては直接医療機関へお問い合わせください。