ステロイド

【 ムーンフェイスっていつ頃出てくるの? 】~ ステロイドの副作用の出現時期について ~

こんにちは、今回は『 ステロイドの副作用の出現時期 』について取り上げていきたいと思います。

ステロイドは、多くの生理・薬理作用を持ち、リウマチ・膠原病疾患には、強力な抗炎症作用および免疫抑制作用を期待して使用されます

しかし、その強力な薬理作用とともに、多彩な副作用の出現を認めます

いつ頃にどういった副作用を認めるかは、ある程度予測できることなので、今回は副作用の出現時期についてご紹介していきたいと思います。

ステロイドの副作用の出現時期は?

開始当日から不眠、うつ、精神高揚、食欲亢進
数日後から血圧上昇(10 mg以上)
浮腫、電解質異常
2〜3週間後から副腎抑制、
血圧上昇
1ヶ月後から易感染性(10 mg以上で用量が多くなるほどリスク上昇)
中心性肥満・ムーンフェイス、多毛、ざ瘡(ニキビ)
無月経
1ヶ月以上後から紫斑、皮膚線条、皮膚萎縮
ステロイドミオパチー(10 mg以上)
長期的に骨壊死(20 mg以上 x 1ヶ月以上)
骨粗鬆症(5 mg以上 x 3ヶ月以上)
白内障(長期使用で 5 mgでもリスクあり)
緑内障(10 mg以上)

〈 ステロイドの副作用の出現時期の目安1)

ステロイドによる免疫機能低下による易感染性は、開始後1ヶ月ほど経過してからリスクが上昇してきます。

特に、日和見感染症は重要で、ニューモシスチス肺炎、サイトメガロウイルス、結核、その他真菌感染症の発症がないか注意していきます。

中心性肥満やムーンフェイスは、開始後1ヶ月ほどして認めてきます。

中心性肥満とは、コルチゾール(ステロイド)の影響により体幹に過剰な脂肪がつき、肥満傾向となる状態です。用量が多いほど、症状も出現しやすく、減量に伴い徐々に改善を認めます

また、ステロイドによる食欲亢進のため、中心性肥満などはさらに悪化しやすくなるので、食べ過ぎにはくれぐれも気をつけましょう

ステロイド、免疫抑制薬使用中に注意したい感染症 ステロイドや免疫抑制薬使用中には、免疫力が低下するといいますが、どういった感染症に気をつけた方がいいのでしょうか? ご質問ありが...

ステロイドの副作用の頻度が多いものは何ですか?

頻度が高い糖尿病、脂質代謝異常、高血圧
消化性潰瘍(胃潰瘍など)
骨粗鬆症
易感染性
中心性肥満・ムーンフェイス
比較的低頻度大腿骨頭壊死、白内障、緑内障、皮膚萎縮、ざ瘡(ニキビ)、多毛、不眠、ステロイドミオパチー、精神症状、多血症、無月経、性欲低下、頭髪脱毛など

〈 ステロイドの副作用の頻度 〉

以上は、ステロイドによる副作用の頻度を表した表ですが、出現については個人差も大きいため、目安として考えてください。




ステロイドの副作用の予防について

ある程度予防可能骨粗鬆症、ある種の感染症(ニューモシスチス肺炎、結核など)
高リスクな方で早期発見・治療が必要耐糖能異常、眼合併症、消化性潰瘍(胃潰瘍など)
減量によって改善を期待できるもの浮腫、精神症状、中心性肥満・ムーンフェイス
糖尿病、脂質異常症、高血圧

〈 ステロイドの副作用の予防について 〉

ステロイドの副作用については、予防可能なものについては積極的に予防していきます

通常、胃薬(プロトンポンプ阻害薬、H2受容体拮抗薬)、ニューモシスチス肺炎予防の抗菌薬(ST合剤など)、骨粗鬆症予防薬(ビスフォスフォネート製剤、活性型ビタミンD3薬など)は、治療開始後に順次併用することが多いです。(ステロイドの量によっても多少異なります)

また、ステロイド糖尿病、高血圧、高脂血症などを認めた場合は、それぞれ個別に治療薬などで対応します。ステロイドの減量に従い、症状も徐々に改善してきます。

胃薬のまとめ【PPI・H2ブロッカー・防御因子増強薬】 まなみさんには、プレドニン®︎と一緒にランソプラゾールという胃薬も処方しておきます。 ステロイドを飲んでいるから、胃薬も処方する...

易感染性について

ステロイドの易感染性については、通常の細菌性肺炎などに対する予防の抗菌薬投与は行いませんが、ニューモシスチス肺炎については、ST合剤(ダイフェン®︎、バクタ®︎)にて予防抗菌薬投与を行います。

これは、何故かというと、ニューモシスチス肺炎は急激に症状が悪化し、致死的となる可能性がある重症肺炎であるため、しっかり予防することが重要となるからです。

しかし、ST合剤を予防内服にて、ほぼその発症を防ぐことができるため、予防効果は非常に高いです。

ST合剤の用法は、施設間によって多少違いがありますが、「 1〜0.5 錠を毎日内服 」、「 週2回 1回1錠 朝夕で内服 」といった形で使用します。

ただしST合剤は、皮疹や腎機能低下、肝障害など副作用も多く、内服が困難な場合は、サムチレール®︎(アトバコン)、ペナンバックス®︎(ペンタミジン)の吸入が検討されます。

yellow lemon

少し専門的になりますが、ステロイドのプレドニン®︎(プレドニゾロン) 15 mg2週間以上 内服により細胞性免疫が低下すると言われており、このタイミング位からニューモシスチス肺炎などの日和見感染症のリスクが増加してきます。

なので、ST合剤予防の開始タイミングは、ステロイド開始後2週間程経過してからまたはそれ以内に予防開始します。

感染症の予防のためには、こまめな手洗いうがいと、TPOに応じてマスクの着用を行うことです。

そして、体調が十分でない時は、無理な外出は避けて十分に休養を取ることも大切です。

ステロイドの治療効果を受けながら、多くの副作用を適切に予防していくことが大切です。

【ダイフェン / バクタ®︎ってなんで飲むの?】ST合剤を飲む必要性について こんにちは、今回は『 ダイフェン / バクタ®︎を飲む必要性 』について取り上げていきたいと思います。 私もプレドニン®︎を飲み...

〈参考〉

  • 1) West SG:Glucocorticoids-Systemic and Injectable, Rheumatology Secrets 3 ed, ELSEVIER, 2014.




今回はここまでです。最後までお読み頂きありがとうございました。参考になりましたら、高評価、コメントを頂けましたら嬉しいです🥝またTwitterのフォローもよろしくお願いします🕊

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へブログランキング・にほんブログ村へ

※個人個人で症状の違いがあるため、詳細な治療などにつきましては直接医療機関へお問い合わせください。