健康・予防

【腸がすべて】その②

こんにちは、Dr.キウイ🥝です!今回は、「腸がすべて」その②について説明していきたいと思います!


〜 CONTENTS 〜

・現代人が悩む7大症状も実は腸が原因だった!

・やってはいけない、あの食事法の「落とし穴」! → 今回取り上げていきます!

・アダムスキー式最高の腸活①「理想の腸になるための7つの超基本」!

・アダムスキー式最高の腸活②「食べ合わせを変えると腸が変わる」!

・アダムスキー式最高の腸活「最高の腸をキープする」!


② やってはいけない、あの食事法の「落とし穴」!

皆さんも次の食事法について、一度はやってみた事があるかもしれませんが、それは腸に負担をかけていたかもしれません!

それは、「炭水化物抜きダイエット」「水飲み健康法」「断食」「カロリー制限ダイエット」「炭水化物ダイエット」「デトックス」の落とし穴です。今回はこの中で、上3つを紹介していきたいと思います。

・まず、「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴です。

皆さん、痩せるのを考える時に、炭水化物を抜くことは良く考えてしまいますよね。でも、炭水化物はタンパク質、ビタミン、無機質と同じように健康に欠かせない大切な栄養素です。

確かに、炭水化物を除くとすぐに痩せますが、それは持続的には行えるものではありません。しかも、突然身体のバランスを崩すことさえありす。

アダムスキー式腸活で大切なのは、「節度ある食べ方」をする事です。お菓子や、ご飯、パン、麺などの炭水化物が多い時は、減らす事は効果的ですが、極端に炭水化物をなくす行為は身体に負荷を与えてしまうのです。




続いて「水飲み健康法」の落とし穴です。

昨今、沢山の水を飲む事は健康に良いという事が巷で騒がれております。水を1日2L以上飲むとデトックス効果があるというものです。でも、水を1日2L飲むのは結構辛いものです。続けるのはよっぽどの精神力がないと大変ですよね。私も水はよく飲みますが、せいぜい1L程度です。

著者は、健康のために2Lの水を飲む必要はないと言います。大切なのは、飲んだ水を身体が有効に活用できる状態にすることです。

水の調節を行っているのは、腎臓です。浄化を担う腎臓がきちんと機能せず、余分な水分を除去できてないとしたら、大量の水を飲んで毒素を処理しようとしても無駄になってしまいます。それは、手足の浮腫み、セルライトなどの原因になってしまいます。

「1日に何リットル飲むか」という事は問題ではなかったのです。まずやるべきことは、「飲んだ水を身体が有効に活用できる状態にする」事だったのです。

最後にデトックスの落とし穴です。

デトックスも身体を浄化する為に良いと、最近良くテレビでも言われてますよね。例えば、朝起きてから飲む「レモン白湯」が注目を集めました。確かに、レモンの持つ「肝臓を浄化をする」「肌を明るくする」といった1つ1つの作用について異論はありません。

ただ、こういったスーパーフードも、もとの消化管が詰まって正常な流れがなかったら、腸の中で「奇跡」は起きないのです。どんなに身体にいい物質が含まれていても、唯一の通路(消化管にある穴)がふさがって血中に到達出来なければ宝の持ち腐れなのです。

正しい食事療法を取り入れて消化管を機能させれば、奇跡のダイエット法は必要なかったのです。腸がベストコンディションで自分の仕事を行えば、それだけで「解毒(デトックス)」になったのです。

今回もお読み頂きありがとうございました。間違った食事法について紹介しましたが、腸のコンディションが良ければ、特別なダイエット法はいらなかったのですね。確かに、私も腸のコンディションが良いと仕事や身体の調子が良くなると思っています。ただ、このアダムスキ式腸活を全て実践する必要は全くありません。(自分も参考にしながら、食事を考えています)。自分の生活で取り入れられるものがあれば取り入れれば良いですし、これはあまり良い食事法ではなかったのかと知る事が出来るだけで、少しずつ身体は変わってくると思います。

次は、お待ちかねの、じゃあどういった食事法をすれば、腸が元気になるのかをやっていきたいと思います🥝

※本の内容を全て乗せている訳ではございませんので、もっと知りたいという方は、直接店頭で手に取ってみて下さい。