関節リウマチ

ケアラム®︎(イグラチモド)の特徴【関節リウマチ】

ケアラム®︎(イグラチモド)の特徴


〜 The Point 〜

  • ケアラム®︎は免疫調整薬である。
  • 副作用(肝障害、腎障害、胃潰瘍)に注意すれば、比較的効果は高く、また、直接の抗炎症鎮痛作用もあり、痛みの改善にも役立つ。
  • ワーファリン®︎(ワルファリン)を内服している方は、ケアラム®︎を内服できない。

今回は、リウマチの治療薬の一つで免疫調整薬であるケアラム®︎(イグラチモド)を取り上げいきたいと思います。コルベット®︎という名前でも発売されています。

ケアラム®︎は、内服薬のリウマチの免疫調整薬の中でも1番新しい薬で、2012年に国内で発売となりました。

(JAK阻害薬も内服薬ですが、免疫抑制薬となります。)

用法は?

1回 25mg錠 1日 2回 内服

ケアラム®︎は、内服開始後に肝障害(AST、ALT上昇)を認める場合があり、内服開始は1日1回 25mgの内服となります。

次回外来受診時に、肝障害がなければ、1日2回の通常量で内服します。

ただ、25mgだけでも効果が十分でる場合もありますので、25mgのまま継続する方もいらっしゃいます。

ケアラム®︎(イグラチモド)




どんな時に使われますか?

ケアラム®︎(イグラチモド)は主に以下の方に適しています。

  • 高齢者で強い免疫抑制剤が使えない場合(感染症のリスクが高い)
  • 高額な生物学的製剤やJAK阻害薬を使えないけど、活動性を抑えたい場合
  • メトトレキサートを使用するも、あと少し炎症や痛みが残っている場合
  • 関節痛が残存しているリウマチの場合

副作用は?

  • 肝障害
  • 腎障害
  • 消化性潰瘍(胃潰瘍など)

重篤な肝障害は稀ですが、AST、ALTが上昇する場合があります。内服開始時は、通常量の半分で内服し(1日 25mg)、2週間〜4週間後に採血をチェックし、肝障害がないかチェックします。

ケアラム®︎には、他のリウマチ薬には、直接の鎮痛作用がある反面、その影響で、腎機能が軽度悪化したり、消化性潰瘍を認める場合があります。

内服後、お腹の不快感などを認める場合は、かかりつけ医に相談してください。必要なら、胃薬を併用することをお勧めします。

何か注意点はありますか?

妊娠、重篤な肝障害、ワーファリン®︎(ワルファリン)を内服している方は、禁忌となり、内服できません。また、授乳中の女性にも内服は控えます。

また、ケアラム®︎には、直接の鎮痛作用から、他のロキソニン®︎やセレコックス®︎の定期内服は控えるようにしてください。どうしても痛みが辛い時は、頓服という形が良いかと思います。頓服時は、胃薬も合わせて飲むことをお勧めします。

作用機序は?

ケアラム®︎(イグラチモド)は、リンパ球の中のBリンパ球に直接作用し IgG や IgM といった免疫グロブリンの産生を抑制し、またマクロファージに作用し、TNFα、IL-6などの炎症性サイトカインの産生を抑制することで、抗リウマチ作用を発揮します。

セレコックス®︎(セレコキシブ)の作用機序に似た、COX-2を選択的に阻害し、プロスタグランジン合成を抑制し、直接の抗炎症鎮痛作用がある。

お読み頂きありがとうございました。参考になりましたら、高評価、コメントを頂けましたら嬉しいです🥝またTwitterのフォローもお願いします🕊

〈参考〉

  • 金城光代 リウマチ・膠原病の治療薬の使い方 洋土社
  • 川畑仁人 リウマチ・膠原病治療薬ハンドブック 文光堂

こちらも合わせてお読みください👇

リウマチと診断され【メトトレキサート】を処方されました!

【アザルフィジン®︎( サラゾスルファピリジン )の特徴】