ワクチン

新型コロナワクチン時の免疫抑制剤やステロイドの対応について【mRNAワクチン】

外来をやっていて、最近特に患者さんからのコロナワクチンをどうしたら良いかと、とても良く質問がありますので今回取り上げてみたいと思います🥝

まず、どの学会でも強くいっていることですが、新型コロナワクチン接種については、強制ではなく、患者さんの自己判断ということになります。

医師は、ワクチン接種について、基本的なことはアドバイスしてくれると思いますが、最終的に打つか打たないかを決めることは患者さん自身の判断となりますので、そこは十分ご留意ください。

日本リウマチ学会はワクチン接種についてどういっているか?

日本リウマチ学会(JCR)では、まず、ワクチン接種については強制ではなく、個人の自由意思による選択であることは最初に強調したいと述べています。

そこで、新型コロナウイルスワクチン接種については、ステロイドや免疫抑制剤を使用していたとしても、そのメリット、デメリットを考慮し、他の人よりもむしろ優先して接種した方が良いという考えです。

具体的には、JCRは、リウマチ性疾患でステロイドをプレドニゾロン換算で 5 mg/日以上、免疫抑制剤、生物学的製剤、JAK阻害薬のいずれかを使用中の方は、『 ワクチン接種順位の上位に位置付けています

ただし、患者さん個人個人においては、患者さんの意思と、今の疾患活動性などを考慮して、ワクチン接種前後のステロイドや免疫抑制剤の投与については、主治医と相談するのが現実かと思います。




アメリカリウマチ学会はワクチン接種についてどういっているでしょうか?

一方、アメリカリウマチ学会は、免疫抑制剤やステロイドの使用について、具体的に発表しており、こちらも目安として患者さん側からも医師側からもわかりやすいので、今回取り上げていきたいと思います。

まず、新型コロナワクチン接種自体は、リウマチや膠原病のある患者さんは、ステロイドや免疫抑制剤の有無を問わず、『 強く接種を推奨しております1)

これは、欧州リウマチ学会(EULAR)も同様の立場2)です。

つまり、どのリウマチ学会もワクチン接種を推奨しております。

そして、よりワクチンによる抗体獲得の効果が得られやすいように、ACRでは以下のように接種前後の免疫抑制剤の使用を提言されています。

2022 アメリカリウマチ学会(ACR)の推奨(Version 5)

・メトトレキサート(リウマトレックス®︎、メトレート®︎)
・アラバ®︎(レフルノミド)
・イムラン®︎/アザニン®︎(アザチオプリン)
・プログラフ®︎(タクロリムス)
・ネオーラル®︎/サンディミン®︎(シクロスポリン)
・オテズラ®︎(アプレラミスト)

・アザルフィジン(サラゾズルファピリジン)
ワクチン接種後1〜2週間の休薬(活動性が落ち着いていれば)
JAK阻害薬
・ゼルヤンツ®︎(トファシチニブ)
・オルミエント®︎(バリシチニブ)
・スマイラフ®︎(ペフィシチニブ)
・リンヴォック®︎(ウパダシチニブ)
・ジセレカ®︎(フィルゴチニブ)
ワクチン接種後1〜2週間の休薬(活動性が落ち着いていれば)
・オレンシア®︎(アバタセプト)点滴投与予定の1週間前にワクチン接種時期を調整
・オレンシア®︎(アバタセプト)皮下注射ワクチン接種後1〜2週間の休薬(活動性が落ち着いていれば)
・TNF抗体製剤
・アクテムラ®︎(トシリズマブ:IL-6阻害薬)
・IL-17度阻害薬
・IL-12/23阻害薬
・IL-23阻害薬

・そのほかのサイトカイン阻害薬
COVIDワクチン投与後にこれらを一時的に中断するかどうかについては、コンセンサスを得られていない。
・プラケニル®︎(ヒドロキシクロロキン)
・免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)
ワクチン接種はいつでも可能です。
治療薬投与方法の変更も不要です。
・リツキサン®︎(リツキシマブ)投与予定の2〜4週間前までにワクチン接種時期を調整
・エンドキサン®︎(シクロフォスファミド)静注(IVCY)可能であればワクチン接種の約1週間後にシクロフォスファミド静注を投与
・セルセプト®︎(ミコフェノール酸モフェチル)ワクチン接種後1〜2週間の休薬(活動性が落ち着いていれば)
・ベンリスタ®︎(べリムマブ)ワクチン接種後1〜2週間の休薬(活動性が落ち着いていれば)
カロナール、ロキソニン、セレコックス、ジクロフェナクなど病勢が安定している場合にはワクチン接種前24時間は中止し、接種後は内服OKです。

参考: ACR, COVID-19 Vaccine Clinical Guidance Summary for Patients with Rheumatic and Musculoskeletal Diseases (Version 5. Revised February 2, 2022)

以上は、あくまでも目安となります。実際には、主治医と患者さんの現在の状況に合わせて相談することになります。

ステロイドについてはどうですか?

ステロイドについては、急に中止すると離脱症状が起きる可能性があるため、mRNAワクチンは継続して使用することが多いと思います。

日本リウマチ学会ワクチン調査検討委員会の報告では、プレドニゾロン(PSL) 10mg以下では、抗体価の上昇にはほとんど影響はないと報告されており、PSL 10mgであることは、接種の目安となるかと思います。

新型コロナワクチン Q & A

新型コロナワクチン投与のメリットは?

新型コロナウイルス感染症の発症および重症化の予防が期待できます。

新型コロナワクチン投与の注意点は?

今後、新たなウイルスの変異に対応できるかどうかは、不明であるため、変異ウイルスの有効性については注意が必要です。

mRNAワクチンは、ステロイドや免疫抑制薬を使用中でも投与可能ですか?

mRNAワクチンは、弱いながら病原性のある弱毒生ワクチンではないため、全ての方で接種可能です。




お読み頂きありがとうございました。参考になりましたら、高評価、コメントを頂けましたら嬉しいです🥝

免疫抑制剤ごとのmRNAワクチンの抗体獲得率ってどのくらいなの?【新型コロナウイルス】 こんにちは、今回は「免疫抑制患者におけるmRNAワクチンの抗体獲得率」について取り上げていきたいと思います。 今回は、2021年...
免疫抑制薬使用中の新型コロナの重症化リスクはどのくらいですか?【COVID-19】 今回は、長期の免疫抑制薬使用中患者さんにおける新型コロナの重症化リスクについて、紹介していきたいと思います。 私も免疫抑制剤を長...

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へブログランキング・にほんブログ村へ